MENU

日本語 简体中文 English

CLOSE

ご予約

鮨 きよし

鮨 きよし

空間

カウンター

気さくな店主との会話もお愉しみ頂けるカウンター席。日常を忘れて、美味しいお鮨を心ゆくまでご堪能ください。

個室

接待や会食・記念日にもおすすめの落ち着いた個室席で、至高の江戸前鮨をお愉しみいただけます。

こだわり

「鮨きよし」のこだわり

四半世紀の経験を積んだ集大成として、銀座七丁目に暖簾を構えました。ネタに使われる魚介類は、長崎県五島市をはじめ、全国より取り寄せる天然魚にこだわっております。魚の個性や漁場の気候風土を知るために、地元漁師のもとへの訪問もかかしません。... 開く

四半世紀の経験を積んだ集大成として、銀座七丁目に暖簾を構えました。ネタに使われる魚介類は、長崎県五島市をはじめ、全国より取り寄せる天然魚にこだわっております。魚の個性や漁場の気候風土を知るために、地元漁師のもとへの訪問もかかしません。素材と真摯に向き合い、その個性を引き出したのが「鮨きよし」のネタになります。合わせるシャリは、ネタとの調和を図るように三種類ご用意いたしました。三種の酢(白・赤・ロゼ)、それぞれに異なる産地の米を使い、酢と合わせることで米本来の風味を最大限に表現することが出来ました。
熟練の技が生かされた「鮨きよし」の鮨をお楽しみください。 閉じる

握りは一体感

「鮨きよし」の理想の握りとは、箸で持っても崩れず、口に含んだ瞬間にシャリがほどけ、ネタとの調和がとれているもの。

長崎県五島市産にこまる、群馬県川場村の雪ほたか、京都産京丹後市のコシヒカリなど、その産地ならではの米の旨味を持つものを選んでいます。生産者と意見を交換しながら精米度などを決めています。

シャリ

ネタの個性に合わせて使い分けるために、三種のシャリをご用意いたしました。
酢と塩だけで米の甘さを最大限に引き出しています。

魚介類

豊洲を中心に、契約漁師から直接届く魚介類。五島市からは、神経〆など、鮮度を保つ下処理をした魚介類が届きます。魚本来の風味を引き出すために、数日間休ませたものが「鮨きよし」のネタとなります。

料理人

酒井 清志

一九七一年生まれ、神奈川県出身。
「久兵衛」にて約二十五年の経験を持つ。伝統的な江戸前の技術を習得。
笑顔の絶えない接客で、多くのファンから支持を得ている。

アクセス

鮨 きよし

〒 104-0061

東京都中央区銀座7-3-8 Ginza 7th Place 9F-A

営業時間

16:00〜22:00
定休日: 月曜

支払い方法

VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、銀聯

交通手段

地下鉄丸ノ内線 銀座駅 徒歩2分 地下鉄銀座線 新橋駅 徒歩2分

予約可否

予約可

席数

13席(カウンターか個室でのご案内となります)

鮨 きよし

東京都中央区銀座7-3-8 Ginza 7th Place 9F-A

拡大地図を表示